Check !!

産業用ネットワーク Ethernet 主流に ワイヤレス動向も注視

インダストリー4.0やIoTなどへの取り組みがグローバルで進む中で産業用ネットワークを取り巻く環境は激変しているが、スウェーデンの独立系サプライヤーで、産業用通信やIoT向け製品・サービスを展開するHMSインダストリアルネットワークス社は、「産業用ネットワーク市場シェア動向
2017」をまとめた。これによると、16年は産業用Ethernetの採用が15年からさらに8ポイント増加して46%と50%近くに成長している。また、ワイヤレス通信が2ポイント増の6%となり、堅調な拡大をみせている。産業ネットワークの各団体が囲み込み戦略から、それぞれのネットワークの特徴を生かしながら、より多くの産業用ネットワークとの接続性高める方向に向かいつつある中で、産業用Ethernetの勢いはさらに加速しそうだ。

IoT化で接続性ポイント

HMSは16年に世界中のFA分野で新規設置されたノードに重点を置いた産業用ネットワークの市場調査を行った。

これによると、産業用Ethernetとワイヤレスを合わせた市場シェアは52%となり、フィールドバスの48%を上回る。

ネットワーク別では、EtherNet/IPとPROFINETが共に11%と首位で、PROFINETは欧州で優勢、EtherNet/IPは北米でリードを保つ構造に変化はない。グローバルでは、これにEtherCAT7%、Modbus-TCPとPOWERLINKが各4%と続いている。

このように、新規の設置ノードでは、Ethernetベースの産業用ネットワークへの移行が加速している。HMSのマーケティングディレクターのアンダース・ハンソン氏は「産業用Ethernetへの移行は、IIoTのみならず、高速化へのニーズや工場設備とITシステム間の統合の実現が大きな要因」と見ている。

これに対し、新規設置でEthernetに肉薄されたフィールドバスではあるが、現在も市場で最も広く使われているネットワークであることに変わりなく、シンプルさと信頼性を多くのユーザーが求めており、成長率は鈍化したものの、今なお成長している。

グローバル市場でのフィールドバスのシェアは、PROFIBUSがトップで14%、続いてModbus-RTUとCC-Linkが各6%となっている。

地域別では、欧州や中東では、現在のところPROFIBUSの使用が多いが、成長率が高いのはPROFINETで、これをEtherCAT、Modbus-TCP、POWERLINKが追っている。

また、米国ではCIPネットワークが大きな影響力を保っており、市場シェアではEtherNet/IPがDeviceNetを逆転した。

一方、アジアは群雄割拠の状況が続いて市場をリードする際立ったネットワークが見られないものの、PROFIBUSやPROFINET、EtherNet/IP、Modbus、CC-Linkが広く利用されている。さらに、EtherCATが有力ネットワークとしての地位を固めつつあるほか、CC-Link IE Fieldの勢いも増している。

これに対し、最近急進しているのがワイヤレス技術で、中でもWLANが最も普及しており、次いでBluetoothとなっている。「機械メーカー各社が、タブレット端末やスマートフォンなどのBYOD(私有デバイスの活用)を含め、革新的なオートメーションアーキテクチャや新しいソリューションで接続や制御を実現すべく、ますますワイヤレス技術を利用するようになっている」とハンソン氏は説明している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG