渡辺電機工業 東京熱学から 保有資産譲受

2017年3月1日

渡辺電機工業(東京都渋谷区、渡辺秀禧代表取締役)は、自己破産手続き中の温度センサメーカーの東京熱学(東京都)から、現有する知的財産、動産、権利等の一切を譲り受ける合意書を締結した。譲受内容は、東京熱学が所有する知的財産権、図面、ノウハウ、動産等一切の権利で、一切の負債は対象外となる。 2月22日からは渡辺電機工業東京熱学事業部として事業を開始し、熱電対センサー、測温抵抗センサーをはじめとする各種センサー等を扱っていく。