ロボットSI事業 補助金 最大5000万円交付 経産省、3月末まで公募

2017年3月1日

少子高齢化対策、生産性向上に向けて、中小企業等で急速に関心が高まっている産業用ロボットだが、その一方で、現場へのロボット導入を担う「ロボットSI(システムインテグレータ)」の不足が深刻化している。経済産業省と日本ロボット工業会は2月24日、「ロボット導入促進のためのロボットシステムインテグレータ事業」について、最大5000万円の補助金交付を決定。事業者の公募を開始した。 全国9カ所で説明会 産業用ロボットは、それ自体は機能を持たず、用途や現場に合わせてハンドやビジョンといった周辺機器を取り付け、動き方のティーチング、安全対策を施さなければならない。そこには専門的な知識と技術が必要で、最適なロボ…