沖電線 ロボットケーブルの オーダーメード開始

2017年2月15日

沖電線(川崎市中原区、来住晶介社長)は、高屈曲ロボットケーブル「ORPケーブル・シリーズ」をベースとしたオーダーメードケーブルを短納期・少量から提供する「ORP-MIXサービス」を開始した。 「ORPケーブル・シリーズ」は、絶縁体に独自開発の強靭で滑り性に優れた特殊エラストマーを採用し、可動性能を向上させつつ、低価格化を実現したロボットケーブル。近年のロボット需要の高まりから、サイズの異なる導体を組み合わせたカスタム設計の依頼や、それらを少量ですぐに欲しい、といった要求も増えてきたことからオーダーメードサービスを開始した。 希望する導体サイズや心(対)数、シールドの有無などの組み合わせに柔軟に…