ベッコフオートメーション マルチタッチパネルPC 「CP3700シリーズ」1台で工作機械など制御

ベッコフオートメーションのマルチタッチパネルPC「CP3700シリーズ」は、マルチタッチパネルを搭載した工業用のコントローラ。

TwinCATと共に使うことでEtherCATマスタと操作パネルの機能を単一のハードウェアにまとめることが可能。

また、アルミの美しい削り出しボディに最大4コアのIntel Atomプロセッサを搭載可能で、この1台で工作機械や成形機などの制御ができる。パネルサイズは12~24インチで、ワイド型も選択可能。ファンレス仕様でIP65の耐環境性能を備え、動作環境温度範囲も0℃~45℃と広く、自立式もしくはつり下げ式の直径48ミリポールが選択できるため設置場所を選ばない。

EtherCATに使えるEthernetポートに加え、USBやRS232などのポートを24Ⅴ電源と共にIP65コネクタで接続。記憶装置としてCFastカードスロットを最大二つ搭載でき、「OS/アプリケーション」と「保存データ」を分けることも、RAID構成でシステムやデータを二重化することも可能。メディアやポート類はマウントアームを取り外すことなくアクセスができるのでメンテナンス性が良い。日本でも発売中で、食品・薬品・樹脂関係の業界で活用が見込まれている。

http://www.beckhoff.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG