ブラザー/レーザーマーカー 外部制御装置を開発

2017年2月15日

ブラザー工業は、昨年発売したレーザーマーカー「LM-2500」のオプションとして、外部制御装置を開発、販売を開始した。レーザーマーカー本体と制御用パソコンなどを組み合わせることで、自動で連続印字が可能となり、工場における生産性向上に役立つ。 「LM-2500」は、1個単位からレーザー加工が行える多品種少量生産対応により、家庭用プリンターのような感覚で気軽に印字ができる。 今回の外部制御装置は、本体と制御用パソコン、PLCを組み合わせて生産ラインに設置することで、ラインに流れている加工物に合わせてあらかじめ印字プログラムを設定できる。この外部制御により、自動で連続印字が行える。 銘板・プレート自…