ケーメックス「ソリューション提案注力」亀田 剛史 取締役営業部長

IoT関連機器を中心にした顧客提案が受け入れられ、2016年は次につながる良い1年になったと感じている。特にJIMTOFの出展では、独ムルエレクトロニク社のフレキシブルIP67のI/Oシステム「CUBE67」の展示が注目を集めた。スイスコントリネックス社の自動車業界向け近接センサや、MOXA社のイーサネットスイッチ、IO-Linkなど各種フィールドネットワークの接続展示も好評で、普段お会いできない現場の方を含めたさまざまな部署の方から生の意見を伺うことができた。また、関西初のIO-Link紹介セミナーにも協賛し、ユーザーに「つながる」というソリューションを提案できたと感じている。

17年はCUBE67のシステムに自己診断機能を追加するツールが業界最大級の展示会SPSにて発表される。これは「Diagnostic Gateway(Diga)」として発表されるPLCレスで通信状態やスレーブの状態が確認できるツールで、ユニットがデータを蓄積するため、再現性が低いトラブルも見つけることが容易で、設備ダウンタイム短縮に貢献できる。また、IO-Linkマスタへの「IODDオンボード機能」も設定手順の簡略化や複数デバイスの一括設定変更が実現できるため、提案を強化する。特に防水、防塵という特性を生かし、食品業界を中心にゼロキャビネットなど、新しいマシンコンセプトをユーザーの相談に乗りながらコンサルティングを交えて提案していく。成功事例を交えながら市場ニーズに即したホワイトペーパーなども作成し、ソリューション提案に注力する。

当社は60周年を節目とし、さらなる発展をすることで、日本の基幹産業であるものづくりやインフラをこれからも下支えしていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG