セフティデンキ「露出度アップに向け全力」高橋 理昌 代表取締役社長

2017年1月25日

2016年9月期の業績は、残念ながら減収減益で終わった。今期は前期マイナス分の売り上げを取り戻し、増益になることを目指して取り組んでいるが、今のところ好調なスタートになっている。 当社はマーキングチューブや警告ラベルなどの配線資材のメーカーと商社の二面的な会社であるが、まだ当社の扱い製品内容が知られていないところも多く、さらなる露出の必要性を感じている。 昨年からHP(ホームページ)のリニューアルに取り組んでいるが、その中でネット販売の強化などの施策を進めつつあり、このほど、インターネットの製品検索サイトへの掲載も進めている。今後いろいろな機会を捉えて露出を増やしていきたい。 また、マーキング…