アール電子「早い決断と行動を実践」松本 年生 代表取締役社長

2016年12月期の売り上げは、残念ながら前期比5%ダウンで終わった。第37期の17年12月期は同8.5%増を目標にスタートしている。

今期の経営品質目標のサブタイトルとして「早さと実行力」を掲げた。顧客と仕入れ先に支持される会社を目指して、早い決断と行動で社員、会社、仕入れ先、得意先を変えていくことで、結果を出すとともに、この取り組みを継続して進めていく。

当社はエレクトロニクスパーツのスペシャリストとして、産業用から民生機器用までの幅広い領域にわたる多くのメーカーを扱っている。また、東京、名古屋、大阪の主要市場に加え、香港にも拠点を設置しており、国内外のきめ細かな要望にも対応できる体制を敷いている。

さらに、02年から開設しているインターネットによる電子部品販売サイト「RDC」は、商社、メーカーの両者に利用いただける電子部品の総合サイトとして運用している。インターネットでの取引が増加する中で、販売機会の損失影響を少しで抑える意味もあり開設した。今後、商社としてネット販売とどうすみ分けていくかの課題を抱える中で、一歩でも先に進めることによって商社の役割を果たしながら、東京・秋葉原の活性化に少しでも貢献していきたいと考えている。

その一環として、秋葉原の商社27社が協賛して「アキバエレショー」を秋葉原・UDXビル展示場で、2月7日開催する。電子部品や制御機器などのメーカー77社が出展する。

IoTという言葉に代表されるように、情報技術を活用した社会を目指した取り組みが活発化するなかで、当社の特徴でもある幅広いコネクタをはじめとした電子部品の品ぞろえが、今後の売り上げ拡大の大きな要素になることを期待している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG