ライト電業「頼りになるパートナーに」岡本 典久 代表取締役社長

当社は技術とソリューションを強みとした技術商社として、中四国・九州を中心とした西日本を幅広くカバーしている。2016年度は顧客のIoTやロボット化の取り組みなどシステム案件の相談を多くいただき、7月期決算は、3年連続で売り上げ、収益とも過去最高の結果を残すことができた。

システム案件を扱うソリューションビジネス部(SB)では、技術者の数値目標を置かず、純粋な視点で顧客の課題解決に取り組んでいる。技術者が直接技術者でもある顧客とつながり、課題の本質を的確に捉え、課題を共有した上で根本的なソリューション提案が実現できているため、将来を含めた相談をいだだくことが増えており、17年もこの取り組みを強化する。特にIoTやロボット化を切り口に、絵になる前の将来的な相談が今まで以上に増えてきている。製造業が効率化を続ける以上、自動化ニーズは出てくるが、さらに将来の課題を見逃さず顧客に寄り添った提案を継続し、顧客の「頼りになるパートナー」を目指す。

当社は社員一人ひとりの「やりがいと働きがい」が成長の原動力だと考えており、野球大会・登山・マラソン大会など社内イベントを多数実施し、社員間のつながりを深めている。また、個人の成長が会社の成長につながると考えているため、社員教育も継続的に注力していく。リーダー、次期リーダーなど階層別にあわせた研修を行い、「未来プロジェクト」においては経営の観点から会社の将来を考えてもらい、経営参画意識を高めると同時に新しい意見を取り入れている。長期視点でもっと良い会社になるべく、全社一丸となって企業理念でもある「技術力と熱意で、日本のものづくりを変えてゆく。」を実践し、どこよりも「エクセレントな企業」を目指す。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG