ネプコンジャパン2017/スマート工場EXPO18日(水)~20日(金) 東京ビッグサイト 最新エレクトロニクス技術が集結

同時開催など15展2270社出展

1月18日(水)~20日(金)の3日間、エレクトロニクスや自動車などのものづくりに関連する15の展示会が東京ビッグサイトに集結する。出展社数は合わせて2270社とアジア最大級の規模で開かれる。開場時間は午前10時~午後6時(20日は午後5時)。主催はリード エグジビションジャパン。

『ネプコンジャパン2017』では、「第46回インターネプコンジャパン」、「第34回エレクトロテストジャパン」、「第18回半導体パッケージング技術展」、「第18回電子部品・材料EXPO」、「第18回プリント配線板EXPO」、「第7回微細加工EXPO」の6展が開かれ、820社が出展する。

エレクトロニクス製造・実装技術展の「インターネプコンジャパン」には、マウンター、ディスペンサ、テーピング、はんだ、印刷機/マスク、洗浄機、EMS、クリーン・静電対策などの最新製品が出展される。

なかでも、レーザー加工技術ゾーンでは、エレクトロニクス業界向けレーザー加工機、微細な切削や穴あけ、溶接に欠かせないレーザー加工装置が展示される。

エレクトロテストジャパンには、外観・X線検査装置、テスタ、環境試験・信頼性試験装置、各種分析装置などあらゆる検査・試験装置の主要メーカーが一堂に出展、国内外のセットメーカー、自動車/電装品メーカー、基板メーカー、電子部品メーカーとの商談の場として業界に定着している。

半導体パッケージング技術展は、半導体、LED、パワーデバイス、MEMSデバイスなどのパッケージング技術に特化した専門展で、国内外の半導体デバイスメーカーや高密度実装技術者の方々に効率的に営業する絶好の機会。

電子部品・材料EXPOには、エレクトロニクス製品の高機能化・軽薄短小化を支えるあらゆる電子部品・電子材料が一堂に出展。毎年、会場では来場する設計・開発者との試作受発注、開発相談などの商談・技術相談が活発に行われる。

プリント配線板EXPOは、エレクトロニクス機器の高機能化・高性能化を支える、最新のプリント配線板や関連技術が出展。家電、スマートフォン、LED、カーエレクトロニクスなどの技術者と商談・技術相談を行う絶好の場となっている。

微細加工EXPOは、電気・電子機器、自動車・電装品、電子部品・基板、半導体、LEDなどのエレクトロニクスメーカーと、微細加工技術を持った企業が商談・技術相談を行える。

 

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG