菅野電機研究所「高品質と短納期を両立」菅野 義永 代表取締役社長

2016年は為替の変動が激しく、原材料や副材料など仕入れ金額が読みにくい状況が続いた。特に夏場以降は景況感が厳しくなっているものの、設備更新による生産性の向上が進んでいるほか、人件費を含めた原材料費のアップをユーザーにも理解いただき、製品価格への転嫁も協力いただけるケースが増えてきた。

以前より取り組んでいる内製率アップと協力企業の開拓も少しずつ進んでいると実感している。セットメーカーを中心に顧客の短納期ニーズは高まっているが、当社製品を採用いただいている顧客のためにも、長期安定供給のためにこの取り組みは継続していきたい。

そのため、技能者の技術伝承も継続して進める。特に小ロットのトランスは手作業に頼らないといけない工程も多く、熟練担当者の品質とスピードを維持できるように対策を進めていく。

当社はFA・計測機器・医療機器・光学機器・防災機器用トランスなどを製造販売しており、標準品600品目以上を引き続き即納体制で顧客に届けていく。日本製の高い品質にもこだわる。長年にわたり「S.E.L」ブランドにて、お客さまから「高品質、安全、安心」との高い評価を頂いており、その期待に応えられるように、こらからもこだわりを持って高い品質の製品を提供していく。当社は、TUV認定工場を取得し、顧客のISOなどの管理体制に対応した品質管理体制をとっているが、この体制も強化していく。環境に配慮したRoHS対応品の移行も引き続き進める。

素材も含め実績がある日本製にこだわって、長期継続使用にも耐えられる、高品質なものづくりを継続し、顧客に高品質の製品供給を続けていく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG