サンミューロン「高い信頼性で短納期対応」川島 敬久 代表取締役社長

2017年1月11日

昨年は創業65周年の年であったが、2017年3月期の売り上げは前期比10%ぐらいの伸びが見込めそうである。 当社の操作用スイッチ・表示灯は、機械・装置のインタフェイスとしてお役に立っている。今年もこうしたお客さまから当社製品の安定した表示の色合いなどが評価されて、新しい案件開拓に繋がっていくよう努力していく。 最近は、従来以上に納期が重視される傾向が強まっているが、当社は以前から「やまびこライン」と称して、短納期に対応できるセル生産ラインを構築し、小回りを利かせた体制で取り組んでいる。もちろん納期だけでなく、品質重視のものづくりを最重要視して、高信頼でユーザーに安心して使ってもらうことを一番に…