本多通信工業「瞬発力で変化に強い会社へ」佐谷紳一郎 代表取締役社長

2017年1月11日

企業を取り巻く環境変化の山谷が深くなり、サイクルも短くなってきている。想定外のことが起こり、確度の高い将来予想も難しくなりつつあると言える。こうした中にあって持続的な成長を維持していくには、情報を収集しながら変化を察知し、素早く対処する「瞬発力」を磨いて、変化に強い会社にしておく必要がある。これまでも特定の業種に片寄らない販売を展開してきたが、この上に瞬発力の強さを合わせた2段階で取り組む。2015年から6年間の「GC20」計画を推進しているが、17年度はSeason1の最終年度になる。20年度に売り上げ250億円に向けたネタ仕込みを17年度に終えたい。そのひとつは、車載向け製品の増産体制と自…