国際電業「中期3カ年計画を継続推進」古川 長武 代表取締役社長

2017年1月11日

2016年は中期3カ年計画の2年目で、やりたいことが予定通りに着実に進んだ。 今までに準備しチャレンジしてきたことが実を結び、目標に向かって前へ進んだので良い年だったと思う。 売上高は中期計画1年目の15年度が好調で、2年目の16年度分の売上高にほぼ到達している。 よって、16年度は15年度比で横ばいぐらいと見ているが、中期計画の2年目の予想売上高は達成できそうだ。 14年に発売した無線フットスイッチは、昨年から医療分野を中心に売り上げが伸びてきた。置く場所を選ばず、当社製品は信頼性も高いので、幅広い市場が見込める。 その他、マンションの立体駐車場の落下防止装置、大手メーカーが撤退し市場を獲得…