北陽電機「測域センサで海外に飛躍」尾崎 仁志 代表取締役社長

2017年1月11日

2016年度は半導体製造装置向けに売り上げが順調に伸び、搬送設備を中心に測域センサや光データ伝送機器が好調で、昨年比約18%の売り上げ増を見込んでいる。 地域別では北米と欧州で着実に製品認知度があがっていると実感している。海外向け事業は今後も注力していく予定で、17年には欧州(オランダ)にも支店を出し、国内とあわせてさらなる業績向上を見込んでいる。 当社は16年4月に創立70周年を迎えることができた。今までの積み重ねを踏まえたうえで、大切な部分は引き続き残しながら、72期を迎える17年は測域センサや光データ伝送機器を中心とした製品群の見直しと、品質のさらなる向上に注力するプロジェクトを推進して…