新愛知電機製作所「全員営業で顧客第一実践」粟田 泰史 代表取締役社長

2017年1月11日

2016年は、私どもの業界においては、各企業の収益改善により設備投資は緩やかながらも増加傾向を示していたが、為替の乱高下、中国経済の失速などの波及効果などで、予想以上に企業収益にブレーキがかかった。 また、折からの労働者不足により、先行きの不透明を強く感じられる年でもあった。 そんな状況下において、当社は受配電盤の設計・製造、切り替え開閉器の自社開発・販売と改修・点検サービス事業を併せ持つ、トータルソリューションメーカーとして、お客さまの多様なニーズに応える提案営業を進めていった。これにより、昨年は、種々たくさんの取引をしていただくことができ、いわば種まきの年となった。 需要を掘り起こすため、…