長野計器「差別化できる製品開発」依田 恵夫 代表取締役社長

2017年1月11日

2016年は大幅な為替変動や原油価格下落による設備投資の低迷があったものの、台湾・中国を主体に半導体ガス関連向け圧力計・圧力センサが好調で、高圧水素用圧力計・圧力センサも高い評価を頂いた。車載用圧力センサを製造するドイツの合弁子会社JADEも順調に立ち上がった。また、当社が保有する「分銅式標準圧力計」が国立科学博物館の重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録されるなど明るい話題もあった。 17年は重点拡充分野として掲げている「食品・薬品・化粧品業界向けサニタリ製品」「水素エネルギー分野」「IoT化が加速される産業機械分野」に経営資源を集中し、景気に左右されない企業体質とする上で、差別化ができる…