パトライト「経営改革の成果を収穫」高野 尚登 代表取締役社長

2016年度の当社FA機器事業は為替変動の影響が大きかったものの、市場規模が大きい北米・欧州が堅調で、海外は現地通貨ベースでは8%程度の成長を示すことができそうだ。

17年はさらに海外の販売チャネルの開拓を進め、より裾野の広い顧客に提案を進めていき、そのための販売・サポートエリアを拡大する。欧州では新たにスペインに事務所を開設、メキシコ、カナダ、インドネシアにおける対応力も強化していく。また、中国においては大手販売店と提携を強化し、カバレッジを広げていく。特にSE力のあるチャネルとは協力関係を強化し、製品単体の販売だけではなく、ソリューションとして提供していく。さらに、昨年から注力しているEコマース各社との連携は引き続き強化し、エンドユーザー市場の開拓を進める。

国内市場に向けては海外に先駆けてエンドユーザー市場が拡大した。特に製造業でIoT化が具体的に進展し、無線機器や、ネットワーク機器、自由に発光色や動作モードの設定が可能な積層情報表示灯の売り上げが伸び、これらの製品群では前年比約4割売り上げがアップする見込みだ。現場の稼働管理としてソフトウェアメーカーやエンジニアリングパートナーとの協業も進んでいる。

17年は当社主力製品である積層信号灯の新製品「LRシリーズ」が本格的に業績に寄与してくる。開発・製造・販売にわたる経営改革を最初に具現化した製品で、光の見えやすさ、音の聞こえやすさ、使いやすさ、耐環境性など基本性能にこだわった。また、スタッカブル構造を採用し、色の組み替えや増段、減段が簡単にできるため、販売店も在庫しやすくなる。製造側の視点でも型式集約が可能となり、製造工程の効率化やリードタイムの短縮に貢献する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG