アルゴシステム「IoT対応を徹底推進」北浦 敏雄 代表取締役社長

2016年は製品ラインアップが充実し、顧客へ届けることができた1年だった。EtherCATなど産業ネットワークに対応している当社のオールインワン・コントローラは、生産設備のIoT化を強力に推進するサーバーやゲートウェイとしての役割も含め、1台で「産業用PC」「PLC」「表示器」「モーションコントローラ」「画像処理装置」全てをカバーできるという商品力・企画力が市場に受け入れられはじめ、売り上げが順調に推移している。

17年はさらにIoTシステムに最適な製品としてのラインアップ強化や機能強化を強力に推進していく。IoTは情報の収集・蓄積と、上位システムへの受け渡しが重要になるため、データ保持は極めて高い信頼性が求められる。この課題に対し、当社はUPS機能標準製品を春から順次市場投入する。電池は車載用、動力用に用いられ急速充放電に耐えられ、高温度範囲動作、安全性に優れているものを採用。電源が停電になったことを検知してから余裕をもってシャットダウンを行うことができる。そのため新興国など停電や電圧変動が多いなど電源事情が不安定な現場でも安定したIoTシステムが構築できる。

今後の製品としてストレージ容量向上、データロギング機能向上、I/O
LINKやModbusなどフィールドバスへの対応、高感度タッチパネルを採用した高機能表示器の発売などを通じ、競争力のある商品をリリースする。

IoTはこれからさらに市場が拡大していくと確信している。当社は「データの確実な保持」「データロギング機能強化」「上位へのデータ通信」「フィールドネットワークの拡充」で装置産業をはじめとしたIoT社会の実現に貢献していきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG