NO IMAGE

日立産機システム「機器とIoT活用の提案強化」千葉 宏 事業統括本部取締役副本部長兼ドライブシステム事業部長習志野事業所長

2016年は、全体として順調だったが、為替の影響を受けて、ほぼ横ばい。PLCやインバーター、サーボなどのドライブオートメーション事業は、強みを生かした独自の戦略を進めている。PLCは、「PAC(プログラマブルオートメーションコントローラー)」という新しいコンセプトの新製品を発売した。上位の情報系システムと工場内のフィールドシステムとの間でシームレスな連携を取るのに適している。ネットワークやAIなど情報系の技術と、フィールド装置と設備、その製造現場も含めて、スマート工場に必要なすべてを持っている日立グループの強みを使い、上位とフィールドをうまくつなげる提案を強化している。

インバーターは、誘導モーターとPMモーターの両方を駆動できる新製品「SJ-P1」を8月に発売。高機能領域に注力している。サーボはプレス機や射出成形機といった大型を中心にターゲットを絞り、大型案件の受注につながった。

17年は、円安基調で投資意欲の旺盛が予想される。IoT関連の新サービスとして、圧縮機で「FitLive(フィットライブ)」を始めた。圧縮機にネットワーク機能を持たせてクラウドと連携し、その情報を共同利用するもの。日立製作所のIoTプラットフォーム「Lumada」を使ったユースケースの第1号となっている。機器の稼働データから保守や消耗品の交換のタイミングなどを適切に掴み、サービス性の向上を通じてお客様を囲い込みたい。圧縮機に加え、マーキング装置でもサービス開始を予定している。

また習志野工場では、PACを生産ラインに入れ、見える化の検証を行っている。そのテスト結果をもとに、機器の単品売りから、PLCとインバーター、情報系システム等を一緒にしたソリューション提案につなげていきたい。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG