横河電機「IIoTでスマートファクトリー」横山 俊樹 プロダクト事業センターIAコントローラ部長

当社の装置組み込みコントローラビジネスの2017年3月期は、顧客の堅調さに支えられ、前年同期を上回る見込みだ。

マシンコントローラFA-M3Vと、組み込みコントローラ「e-RT3」を中心に、「高速化が生み出す価値」を顧客の装置(製品)のタクトアップをはじめとする、制御機能の高速化・高精度化・高機能化を実現し、顧客の価値を高める装置コントローラビジネス展開を継続している。

昨年から、産業界でキーワードとなっている「Industrie 4.0」や「IIoT」(Industrial Internet of Things)などにも対応したソリューションビジネスの展開を、当社グループが一丸となって開始した。

工場の様々なデータを集約・解析し、意味ある情報として関連付けて活用すること(=YOKOGAWAのIIoT)が、次世代スマートファクトリーを実現するソリューションと位置づけ、「e-RT3 Plus」が製造現場をもっと賢く(スマートに)するキーコンポーネントとして「つなげる製造業」「迅速かつ正しい状況判断」「安全・安心な操業」をテーマとした、様々なソリューションを実現する「エッジコンピューティングプラットフォーム」として当社の強みであるソリューションビジネス展開の中心に加えることができた。

当社は、コーポレート・ブランド・スローガン「Co‐innovationg tomorrow」のもと、企業理念である「計測と制御と情報をテーマに、より豊かな人間社会の実現に貢献する」を掲げている。

これからも顧客とともに新たな価値を創造する「共創」で、顧客の圧倒的な差別化「価値」を実現していく。

CALEXテクノロジー放射温度計

ロックウェルオートメーション

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る