三菱電機「ソリューション提案を強化」南 公敏 FAシステム事業本部執行役員 機器事業部長

2017年1月11日

2016年度は、円高基調などもあり全体的に設備投資の縮小が見られ、配電制御機器関連は前年度を10%ぐらい下回っており、FA機器は前年度並みぐらいの投資を期待している。昨年11月頃から投資マインドが変化しており、配電、FAとも改善が見られる。国内はネット販売の利用が増えていることもあり、自動倉庫や搬送システムなど、物流関連の引き合いが増えている。また、韓国では液晶や有機ELなどが、中国では日系の製造業のデバイス関連装置の需要やEV(電気自動車)関連の投資が活発になってきている。こうした中で、ソリューション提案を強化しており、e-F@ctoryのコンセプトで具体的な商談になってきている。名古屋製作…