サーボモータ 世界市場159億ドル規模に拡大

 

ロボットや工作機械、半導体製造装置等のキーデバイス

サーボモータは、半導体製造装置や工作機械、ロボットなどの高精度な制御のキーデバイスとして拡大を続け、1000億円近い市場を形成する。

日本電機工業会(JEMA)の2016年度の生産見通しは、前年度比1.4%増の974億円。上期は、中国をはじめとする新興国の経済減速などを受け、当初見通しの480億円に対して449億円にとどまった。下期は、アジア地域の経済減速を受けて低調が続いてきたが、回復の動きも見え始めている。

アメリカの調査会社MarketsandMarketsでは、サーボモータの世界市場は16年から22年にかけて金額ベースで6.25%の伸びで推移し、102億ドルから159億ドルに達すると予想している。

技術的には、高機能化、小型・軽量化、高速応答、高精度化、位置決め時間の短縮化のほか、ネットワーク化、モジュール化などがポイントとなっている。特に高速応答や振動抑制機能などが進化し、調整レス機能の進化によって、ゲインの調整なしで発振せずに俊敏に動作可能となっている。装置内のサーボエネルギーを有効活用し、2軸アンプやDCバスの接続による複数軸間での回生エネルギーなどにより大幅な省エネ化も実現している。しかも、機能安全規格で国内初となるIEC61508安全度水準SIL3にも対応。マニュアルやトラブルシュート情報を表示できる製品も出ている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG