日本精密機械工業会「超精密へのあくなき挑戦」稲葉 弘幸会長

2017(平成29)年を迎え、謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

旧年中は当工業会の活動に格別のご支援、ご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。

さて、当工業会は「超精密へのあくなき挑戦」を共通のテーマに掲げております。

量産分野は海外へ、一方、多品種少量分野は国内で。

細かなニーズに応えるためには多様化した製造に慣れていくしかない。

そのためには、作業効率と経済効果の高い製造現場の構築に貢献できる技術力を持つ必要がある。

「超精密へのあくなき挑戦」は、工業立国である日本の技術力を示し続けなければならない、工業会挙げての意気込みを表しております。

そして、「超精密へのあくなき挑戦」を続ける企業様に、その技術力を示す場として、JIMTOF2016では「日本人の匠技・モノづくりコンテスト」を企画、入賞作品は工業会入賞作品ブースにて展示を行いました。

また、日本国内で「モノづくり」をしている集団として、「日本製」を更にアピールする思いから「JAPAN MADE」認証制度を設立しております。

日本製の精密機械を「JAPAN MADE」として認証し、ブランド力・信頼性・情報発信力を強め、新しい需要の創出を喚起したい、そんな狙いがあります。

「超精密へのあくなき挑戦」が当工業会の共通テーマであるならば、その共通テーマ達成のために工業会会則に掲げられているのが「会員企業相互の親睦」であります。

グローバル競争下でも個性を発揮し、超精密機械業界が継続的な発展をするためにも、会員相互の親密度の高い工業会であることを基本路線に挙げております。

当工業会は今年設立60周年の節目を迎えることになります。

現在は正会員37社、賛助会員56社、特別会員2名の企業様並びに個人様にご参加頂いております。

「アットホームで会員相互の親密度の高い工業会」として60周年の節目には会員数100社を目指しております。

今後も「日本のモノづくり」に貢献できるように努めてまいりますので、引き続きお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

最後に、関係各位のご支援、ご協力をお願い申し上げますと共に、皆様にとって最良の年になりますよう祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせて頂きます。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG