防爆関連機器特集 爆発危険領域での安全確保に対応 タブレット端末やデジカメ普及で広範囲化

 

石油化学や鉄鋼プラント、食品・薬品・医薬品などの製造現場、鉱山などの爆発危険領域において、安全を図る防爆関連機器の重要性がますます高まっている。こうした場所は熟練技術者の不足や設備の老朽化などから危険性の増加が指摘されている。一方、防爆対応機器も進歩しており、ワイヤレス化やネットワークカメラなどの利用も増えている。日本では今年4月から防爆規格が改定され新たな運用が始まっているが、依然、防爆基準の国際相互認証は進んでおらず、普及の障害になっているという声も強い。

16年4月から規格改定

石油化学や鉄鋼などの工場での爆発事故は依然多い。設備の老朽化に加え、設備の現状を熟知しているベテラン技術者の不足などもあり、予知保全力の弱体なども指摘されている。最近はこうした管理・保守を外部に委託する工場が増加していることもあり、社員が自社の工場を詳しく把握していないことで、事故が起こることも多くなっている。
防爆関連機器は、大きくFA・制御機器、モーター、照明器具、計測機器に大きく分けられる。
FA制御での防爆機器は、日本電気制御機器工業会(NECA)がかかわる製品が多く、コントロールボックス、バリアリレー、プログラマブル表示器、リミットスイッチ、各種センサ、回転灯、バーコードリーダ、グリップスイッチ、ソケット、パソコン、ケーブルグランドなどがある。
また、防爆エリアにおける通信インフラを確保する「防爆ネットワークソリューション」の構築も進んでいる。防爆IP機器には、無線LANアクセスポイント、コントロールボックス、プログラマブル表示器、タッチパネル/モニタ、Webカメラ、コンセント、ブザーなどが挙げられ、今後も拡充が進むものと予想される。
特に、最近は爆発危険現場で使用できるデジタルカメラやタブレッド端末などの新しい防爆対応機器も増えてきている。
防爆関連ではこのほか、日本電機工業会、日本照明工業会、日本電気計測器工業会、日本電設工業協会なども関係してくる。
2015年8月31日の厚生労働省通達で、防爆構造規格のIEC(国際電気標準会議)規格改正に伴う見直しが行われ、今年4月1日から施行された。
今回の通達では、電気機械器具の防爆構造規格において、「構造規格」と「国際整合防爆指針2015」との一本化が志向されていたが、結局見送られ、従来通り2つの規格が共存することになっている。国際整合防爆指針2015と構造規格を一本化することによる作業負荷の増加を避けた形になった。いずれの規格に基づいた電気機器でも検定を受けることはできるが、適用規格はいずれか一方でなければならず、両方の規格の一部分ずつを適用することはできない。販売する電気機器を日本市場だけに販売するのか、海外市場で販売するのかで、選択することが求められる。
国際整合防爆指針2015では、新たにグループⅢが設けられた。グループⅢの防爆機器は、それを使用とする場所の爆発性粉塵雰囲気における粉塵の性質に応じて細分類を定めている。
また、国際整合防爆指針2015では、機能不全時も含め、防爆機器が点火源・着火源とならない度合いを示す機器保護レベル(EPL)を新たに導入した。
さらに、ケーブルグランド、ねじアダプタ、閉止用部品といったExコンポーネントなどについては、防爆機器に組み込んで使用し、単体では電気機械器具に該当しないため、法に基づく型式検定の対象にはなっていない。ただ、IEC規格では、Exコンポーネントなどは単体でも第三者認証の対象としているため、型式認定機関がExコンポーネントなどにかかわる認証書を発行し、図面、データなどを保有している場合は活用しても差し支えないとしている。

分野ごとに防爆方法使い分け

石油化学や鉄鋼など大掛かりなプラントでなくても、半導体製造関連分野や有機溶剤を取り扱う自動車塗装関連分野などでも爆発の危険性は高く、本質安全防爆機器の採用が広がっている。食品・医薬・化粧品の3品業界でも安全確保の観点から防爆関連機器採用の動きが活発化している。
防爆に関しては、危険場所を分類する決まりがある。分類の目的は、危険性の度合いおよび防爆電気設備の経済性などを考慮し、適正な選定を行うためである。分類内容は、可燃性ガス、蒸気の放出・漏洩の頻度、爆発性雰囲気の存在時間により、次の3つに分類される。
0種場所=爆発性雰囲気が連続して存在するか、長時間存在する場所。1種場所=爆発性雰囲気が正常状態で存在する場所。2種場所=爆発性雰囲気が正常状態で存在することはないが、そのほかの状態で存在しても短時間しか存在しない場所。
防爆構造の種類については、「耐圧防爆」「内圧防爆」「油入防爆」「安全増防爆」「本質安全防爆」「粉体充填防爆」「樹脂充填防爆」「特殊防爆」などがある。
「耐圧防爆構造」は、防爆性能を備えた容器の中に着火源となる電気機器を入れることで、容器内部で爆発が生じても容器の外部に爆発が及ばないようにした構造。内部爆発に十分耐える強度を持ち、容器の接合面の隙間から通じて火炎が外部へ着火しないことが要求される。容器が性能を満たすものであれば、内蔵する電気機器には制約はない。照明器具などの場合は、容器の一部にガラスなどを使用する。
「内圧防爆構造」は、容器の内部に空気、窒素などの不燃性ガスを加圧して満たし、容器外部の可燃性ガス・蒸気を着火源から隔離する方法。保護ガスの内部圧力に耐えること、保護ガスの漏洩が少ないこと、内圧低下時の保護装置を備えていることが要求される。内蔵する電気機器に制約はないが、保護ガスの供給設備、保護装置が必要で、小型の電気機器には経済的に適していない。
「油入防爆構造」は、着火源となりうる部分を絶縁油に浸すことで、着火源を可燃性ガス・蒸気から隔離する方法。絶縁油が外部からの塵埃、湿気などにより汚損されないように全閉構造であることが要求される。油を使用していることから、メンテナンスが難しく変圧器などの用途以外はあまり使用されない。
「安全増防爆構造」は、正常時の運転・動作時は、着火源として作用しない電気機器のみに適用する防爆構造。通常は着火源として作用しない電気機器でも、種々の環境で使用し続けると絶縁不良などで、電気火花などの着火源となりうるので、そうした着火源を生じにくいように安全度を増したものをいう。適用対象となる電気機器には制限がある。
「本質安全防爆構造」は、計測・制御・通信・警報などの低圧電気機器にのみ適用され、これらの電気回路で発生する電気火花には着火源として作用しないか、あるいはある限度内で作用しないように抑制される。
「粉体充填防爆構造」は、正常動作時に着火源を有しない電気機器に対し、着火源となりうる部分を石英粉やガラスの粒子などの充填物で完全に覆うことで着火を防止するもの。日本では法規上認められておらず、特殊防爆構造として扱われる。
「樹脂充填防爆構造」は、着火源となりうる部分を絶縁性のコンパウンドで包み込み、ガス・蒸気と隔離したもの。この防爆構造も日本では法規上認められておらず、特殊防爆構造として扱われる。
「特殊防爆構造」は、特定の防爆構造によらず、可燃性ガス・蒸気に対して防爆性能を有することが試験などで確認された構造。
「バリアリレー」は本質安全防爆構造の一種のリレー中継装置。爆発危険箇所にあるリミットスイッチや押しボタンスイッチなどのON/OFF信号を、非危険場所へ中継させる。爆発性ガス雰囲気の中で、汎用のリミットスイッチや押しボタンスイッチが使えるとともに、危険場所に配線する本質安全回路の断線・短絡・地絡や、非本質安全防爆回路のトラブルの波及など、あらゆるトラブルが生じても安全性を確保する。光電スイッチやブザー、ランプが使えるバリアもある。

ワイヤレス・光なども普及

こうした防爆市場を背景にして、最近はタブレッド端末やデジタルカメラなどの採用も増えてきている。無線電波やレーザー光などは、火花のように目には見えないことから、一見危険性がないように思える。しかし、こうした用途でもエネルギーが発生しており、爆発の危険性が生じていることから、防爆対策が求められ、法制化が進められている。技術の進歩に法制化が追いついていない面もあるといわれ、防爆認証は遅れ気味ともいわれている。
工場などでのワイヤレスの利用は急速に進んでいる。この便利さの中に爆発の危険性も混在しており、より一層の安全対策が求められてくる。
NECAでは防爆関連機器の啓発・普及活動として、防爆電気機器の点検や保守の促進、啓発を目的とした「防爆安全ガイドブック」の制作、防爆電気機器の安全資格である「セーフティベーシックアセッサ」(SBA-Ex)の認証制度の運用などを行っている。

正しい防爆知識により、的確なパトロールや点検・保守が可能で、資格を取得すれば保守担当以外の職種にも防爆安全知識の浸透が図れる。
燃料電池車などには防爆対策を行った水素充電スタンドが必要で、市場拡大が見込める。
国内外の防爆市場は防爆対策用途の拡大に比例した基調が継続するものと見られる。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る