ブラザー工業 マシニングセンタ用 ロータリーテーブル発売 医薬・医療など自動化に最適

2016年11月30日

  ブラザー工業は、コンパクトマシニングセンタ「SPEEDIO(スピーディオ)シリーズ」に搭載することにより、加工物の一回のセッティングで複数面加工が行える「ロータリーテーブルT-200」を発売した。 同社は「SPEEDIOシリーズ」を2013年から販売しているが、今回のロータリーテーブルを使用することで、様々な方向から加工する必要がある自動車部品などを、一回のセッティングで加工できるようになる。作業回数の削減により生産性の向上に役立つ。 SPEEDIO専用に設計されており、SPEEDIOのコントローラで直接動作させることが可能。 動力モータの回転運動をテーブルの回転運動に変換する機…