産業用ロボットQ&A(9)

2016年11月30日

Q 安衛則第37条の特別教育の免除について、十分な知識および技能を有していると認められる労働者については省略できるとあるが、これは誰が判断するのか? 部署内の責任者判断で良いのか? また、省略した場合の記録の残し方はどうすれば良いか? A 安衛則第37条の主語は事業者です。したがって事業者が判断します。事業者は部署内の責任者に判断する権限を委譲することはできますが、権限を委譲したからといって安衛法第122条の両罰規定により、責任を免れることはできません。 十分な知識および技能を有する場合とはどういう場合かについては、昭48.3.19基発第145号通達があります。それは、①特別教育より上位の資格…