因幡電機産業 北野明彦取締役産機本部長 「システム提案で競争力強化」

 

因幡電機産業は開発機能とメーカー機能を併せ持つ技術商社として、豊かで快適な社会づくりへの貢献を目指している。製造業向けを中心に制御・電子機器販売を行うとともに提案活動を行っている産機本部は、製品単体の販売だけではなく、ロボットやハンド、各種アクチュエータなど機械商材を含めたシステム提案に注力し、顧客ニーズに応えている。
システム提案の実例として、セコメア社の「リモート・アクセス・ソリューション」が挙げられる。これは、PLC・HMIなどの設備側にVPN装置を設置・設定するだけで遠隔地からのリモート制御が可能なソリューション。ファイヤウォールを超えて、通信の安全を担保した通信が可能とあって、生産現場側で完結するシステム構築を実現し、スマートファクトリーの実現に貢献している。
また、ユニバーサルロボットを中心としたロボット事業では、協働ロボットのデモ機を用意。ユーザーの導入障壁を下げるためにリース・レンタルにも対応する予定だ。特にロボットは、単体ではなくシステムでの提案が必須のため、当社の制御機器と機械部品を組み合わせたトータルシステム提案力がユーザーに受け入れられている。
エラーが起こった前後の映像だけを自動保存する自社製品の「チョコ停ウォッチャー」も好評で、さらなる要望を反映し、新製品開発も進めている。新市場への提案も活性化させており、AED(自動体外式除細動器)なども順調に拡販が進んでいる。
女性の力も積極的に活用し、新製品・新市場を中心に女性プロモータも登用を進め、競争力を強化していく。

http://www.e-inaba.ne.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG