IDEC 日本機械工業連合会会長賞受賞 安全装置で高評価

2016年10月26日

IDECの「人-ロボット協調安全用スリーポジションイネーブル装置」が、第7回ロボット大賞において日本機械工業連合会会長賞を受賞した。 同シリーズは現在までの約2年間で累計250万台を出荷した実績を持つ、ロボット操作時の予期しない動作から回避する安全装置。この装置の国際規格は同社の取り組みを通じて策定され、人-ロボット協調空間における安全確保のスタンダードとして高いシェアを獲得している。近年はロボットシステム1台につき複数の安全用機器が使われるケースが増え、ニーズもさらに高まっている。 受賞理由として、特許取得のみならず国際規格づくりを成功させることで高いシェアを確保し、多くの産業用ロボットメー…