NKE 簡単IoT機器「れんら君」 簡単に現場をIoT化

NKEは「第2回IoT/M2M展」に出展、現場のさまざまなデータを取り込み、グラフ化やメール通報ができる「簡単IoT機器れんら君」を中心に、簡単にできる現場のIoT化を提案する(小間番号25-32)。

「れんら君」は設備や環境のちょっとした変化をメールで知らせる簡易情報連絡端末。インターネットに接続できる環境があれば、既存のLANと接続するだけで簡単にメール通報システムが構築できる。ラインアップは汎用的な入力2点タイプ、さらに接点出力を1点追加したタイプ、入出力各8点タイプ、出力付きアナログ入力対応タイプなどに加え、新製品として、カウントしたさまざまな数値データを見える化できる「カウンタれんら君」、WiFi接続を可能にした「WiFiれんら君」などを追加。用途に応じて選定できる。しきい値を設定し、超えたらメール発信するなどの使い方もできるため、予防保全にも寄与する。

展示会場ではさまざまなアプリケーションデモ展示を実施。工場内や農業現場のさまざまなデータの収集・見える化・通報システムを簡単に構築できるとあって来場者の注目を集めそうだ。れんら君の他にも、新製品の「ユニライン用無線デバッグユニット」なども紹介する。

http://www.nke.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG