米・マキシム 日本プロフィバス協会に入会 IO-Linkの拡販を強化

2016年10月19日

米・マキシム社は、センサーおよびアクチュエータとの通信用ネットワーク「ⅠO-Link」の取り組みを強めるために、フィールドネットワークの団体、日本プロフィバス協会(元吉伸一会長)に入会した。 ⅠO-Linkは、ヨーロッパで急速に採用されてきた標準規格のⅠO技術で、現在日本市場でも関心が高まっている。 同社はIO-Linkの重要性を認識して、この技術を使用したさまざまな製品を開発してきており、ⅠO-Linkデュアルチャネルトランシーバ(業界最小)のMAX14827、初めての4ポートIO-LinkマスターリファレンスデザインのMAXREFDES79#、およびⅠO-Link温度センサーリファレンスデ…