産業用PC/PLC特集 生産設備・インフラで存在感 “全社的活用”に対応

2016年9月28日

産業用(FA)コンピュータやPLCが新たな用途として注目されている。インダストリー4.0(I4.0)やインダストリアル・インターネットといったIoTの流れの中で、エッジコンピューティングやクラウドコンピューティングの一端を担う、ネットワークハブやゲートウェイ的な役割を果たそうとしている。当然ながら本来の役割である24時間連続して安定稼働し、長期間の保守と製品供給を大きな特徴としながら、生産設備や社会インフラシステムの制御や監視としての存在を発揮している。 ■長期の安定供給・連続稼働 高まる信頼性 エッジコンピュータと連結 インターネットの普及はあらゆるものがネットにつながる・つなげるといったI…