河村電器産業 次世代配電EXPO開催 「電気を賢く安全に」訴求

河村電器産業(愛知県瀬戸市、水野一隆取締役社長)は、最新の配電技術や製品を集めた展示会「次世代配電EXPO」を、15、16の両日、東京・渋谷駅前の渋谷ヒカリエホールで開催、約1550人が来場した。

「電気をより賢く、より安全に」をテーマに、今後の配電事業の活性化を目的に、業界の関連企業17社も出展協力して開いた同展は、個別の配電製品を組み合わせたソリューションとして大きく六つ(住宅、社会インフラ、店舗・オフィス、データセンター、建築・施工、技術研究)のゾーンで展示。

「住宅ゾーン」では、住宅における災害時の感震ブレーカ作動、非常電源切り替えのデモンストレーションを、「店舗・オフィスゾーン」では、空調の自動制御、高圧契約、電子ブレーカの設置など電気料金を下げるソリューション、トラッキング火災を未然に防ぐ、世界初の「あんしんコンセント」の展示を行った。

「技術研究ゾーン」では、太陽光を活用して電源の無い場所に明かりをともす独立型電源ソリューション、「はやぶさ」の電力制御技術の一般生活への応用などを紹介した。

また、会場では17件の特別講演、およびセミナーも併催された。会場では1919年の創業以来、100年近い同社の「配電機器」に携わってきたものづくりの一端を示す展示も行われ、未来社会に取り組み姿勢をアピールした。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG