横河ソリューションサービス イーサーブ クラウドサービス提供を開始

2016年9月14日

横河ソリューションサービス(東京都武蔵野市、奈良寿社長)は、エフバイオスが運営管理する大分県豊後大野市の木質バイオマス発電所向けに、設備保全管理システム「eServ(イーサーブ)」によるクラウドサービスの提供を開始した。 本システムは、工場の生産設備、ユーテリティ設備の保全業務を包括的に管理するクラウド型の設備保全管理システムで、設備台帳・保全計画・履歴・故障履歴の管理・予備品の在庫管理などの機能を備え、設備保全に関するさまざまな情報を分析して、トラブルを未然に防ぐための保全計画を策定し、予防保全に役立てることができる。 2011年の発売以来、石油・化学、鉄鋼などを中心に約50社、90サイト以…