東芝、干渉制御を開発 通信距離異なるミリ波無線共存

東芝は、60GHz帯ミリ波無線において、混在する異なる通信距離の無線システムを共存させる干渉制御技術を開発した。

異なる通信距離の無線システムの混在を検出し、1秒以内に通信距離がより短い無線システム側の周波数チャネルを切り替えることで、60G帯ミリ波無線の課題であった電波干渉を回避し安定した通信を実現する。

従来の干渉制御技術は、通信距離が同等の無線システムを対象にしており、異なる通信距離のミリ波無線システムが同一エリアに混在する場合には機能せず、通信距離が長く電波の強いミリ波無線システムの干渉を受けるという問題があった。そのため、異なる通信距離の無線システムを共存させる干渉制御技術の開発が求められていた。

同技術では、機器の操作における制御信号の受信規則を利用した当社独自の干渉検出方式により、高精度に干渉を検出し、1秒以内に周波数チャンネルを切り替えることで安定した通信を実現する。

今回、通信距離が数センチメートルの近接ミリ波無線システムを搭載したカメラ映像伝送機器に、開発した干渉制御技術を実装し検証した。

通常、カメラのズーム切り替え、レンズ切り替え、照度調整の制御信号はディスプレーモジュールからカメラモジュールに順番に伝送されるが、カメラモジュールはこれらの制御信号が同時に二つ以上受信されたことを検出した場合、通信距離が数メートルの近距離ミリ波無線が同一エリアに混在し干渉を受けていると判断し、干渉を回避するために60G帯の異なる周波数チャネルに切り替え、順番に制御信号の伝送を行うことができた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG