ウシオライティング 高精度の金型監視 カラー画像処理を採用

2016年8月31日

ウシオライティング(東京都中央区、吉川隆雅代表取締役社長)は、プラスチック射出成形機、ダイカスト成形機用の金型監視装置「PLUS-E(プラスイー)」について、カラー監視を実現した「PSE-600」モデルの販売を開始した。 プラスチック成形品が精密化、複雑化するなか、低解像度、モノクロ画像による監視では誤認が頻発し、金型破損の原因となっていた。これに対し同製品は、従来機種の5.4倍となる200万画素の高画素デジタルカラーカメラを採用し、カラー画像処理による金型監視で監視精度を向上。取り込んだ画像データの処理速度を従来品比の4分の1に短縮、分解能2倍以上を達成し、プロセスのハイサイクル化支援と高精…