横河メータインス パワーアナライザ新製品 測定精度 30%向上

2016年8月31日

横河メータ&インスツルメンツ(東京都武蔵野市、山崎正晴社長)は、プレシジョンパワーアナライザ「WT1800Eシリーズ」を25日から発売した。価格は75万円から。2016年度550台、17年度850台の販売を計画。 新製品は、11年に発売した「WT1800シリーズ」の後継機種で、測定精度を向上させるとともに、新たな機能・オプションを追加した。 測定精度を商用周波数50/60Hzにおいて、電力基本確度で従来品比のプラスマイナス0.15%から、プラスマイナス0.1%に約30%向上。 また、0.1Hz~10Hzの低周波数においては、同プラスマイナス0.5%からプラスマイナス0.18%に約60%向上して…