三菱電機 相模工場に新棟建設 衛星機器強化で

三菱電機は、鎌倉製作所相模工場(相模原市中央区)内に、人工衛星に搭載される太陽電池パネルをはじめとする人工衛星用複合材製品の製造・試験を行う「衛星機器生産棟」を建設する。2017年10月に稼働開始し、衛星機器の生産能力を最大2倍に増強することで、人工衛星市場でのシェア拡大を目指す。

増設する棟は、鉄骨2階建てで、建築面積7430平方メートル、延べ床面積9940平方メートル。

大型精密機械加工機や自動溶接機などの生産設備を導入して生産能力を従来比最大2倍に増強。工場内に点在していた製造・試験エリアの集約により、部品の製造から各種パネルの製造・試験までを一貫して行うとともに、ITを利用した生産性改善に取り組み、工期短縮・コスト低減・品質向上を図る。

また、環境・省エネ対策として、太陽光発電システム(発電容量56kW)、ヒートポンプ式空調システム、LED照明(約1000台)、電力設備監視システムなどを設置する。17年5月に竣工予定。投資額は約30億円。

同社は人工衛星に搭載される太陽電池パネルをはじめとする人工衛星用複合材製品を鎌倉製作所相模工場で生産し、自社の衛星に搭載するほか海外衛星メーカにも供給するなど、人工衛星関連事業を国内外で展開している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG