中央無線電機 曳地新社長インタビュー 「部品と一体」の提案営業を

2016年8月31日

FA・制御機器商社の中央無線電機(東京都千代田区)は新年度から藤木正則代表取締役社長が会長に就き、後任の代表取締役社長に曳地夏夫取締役が昇格した。曳地新社長は「基本的な経営路線は藤木会長が敷いてくれているので、これを次へ引き継いでいきたい」とし、「商社を取り巻く環境が変化し厳しくなってきているので、部品と一体となった提案力を社員に意識してもらいたい」と今後の取り組みについて語った。 -社長就任の抱負から聞かせてください。 藤木会長とは、会社の内外でも日頃から話す機会が多く、経営に対する思いは理解できている。ただ、会長は代表権を持たないで私に経営を任せてくれているので、ある意味プレッシャーは感じ…