河村電器産業 「自動式切替開閉器盤」 小型化が進化 住宅分電盤に内蔵可能

■日本電設工業協会奨励賞を受賞

河村電器産業が日本電設工業協会奨励賞を受賞した「自動式切替開閉器盤」は、電力自由化や災害時の電力供給で普及が進んでいる家庭用蓄電池の供給電源を自動で切り替えることができるもの。

今回の開発品は、蓄電池と商用電力の供給の自動切替機能を、住宅分電盤サイズに搭載した小型設計で、設置スペースの削減、設置工数の削減が図れる。

その他の特徴として①停電時には自動的に蓄電池からの電力供給に切り替えができ、復電時には商用電力からの電力供給に切り替えできる②従来の同等製品に比べ約60%のサイズダウンを実現③既設住宅への系統連系も簡単に実現-などがある。

自動化モーター、制御回路、主幹ELB、手動式開閉器、非常用回路などで構成される。

http://www.kawamura.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG