Check !!

東朋テクノロジー 切れない無線開発 「止まらない工場」などの実現に役立つ

東朋テクノロジー(名古屋市中区、富田英之取締役社長)は、PIcoCELA(福岡県糸島市、古川浩代表取締役)と共同で、電波障害物などがあっても切れない無線「WIreless Backhaul」を開発した。無線通信が速くて途切れないため、「無線IoT」として「止まらない工場」などの実現に役立つ。

従来のメッシュ無線中継技術は、電波が障害物で途切れることや、電波の渋滞で遅れることがあり、送れるデータ量も少なかった。

「WIreless Backhaul」では、中継がメッシュ状ではなく、ツリー状で無線経路の制御が単純になっており、中継に使うチャネルは特定でき、周波数効率が良い。

無線中継技術により、障害物があっても通信が途切れず、何段中継しても通信遅延が少なくて済む。

結果として、通信速度が遅くならず、大量のデータを送れる。さらにケーブルの敷設も少なく低コストになる。

また、AP(アクセスポイント)の1台が故障しても、他のAPが中継によって通信エリアを補い、通信が途切れるのを防ぐことができる。

今回開発したAP端末は、4本の送受信用アンテナを装備、1本のアンテナの場合より、送受信が速くなり、切れることがない。

機械設備などが止まらない工場の実現、工場内のモーター、プレス機械などの振動を監視して異常を検知する「高速センサネットワークシステム」などに応用していく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG