SUS 千葉事業所開設 関東へ供給強化

2016年6月8日

SUS(静岡市駿河区、石田保夫代表取締役社長)は、千葉事業所(千葉県木更津市)を本格稼働させた。 木更津市のかずさアカデミアーパークに建設を進めていたもので、敷地面積約6万6000平方メートルで、FA棟、ecoms棟、事務所棟の三つの建物から成り、延べ床面積は約8100平方メートル。FA棟では、主力の工場向けのアルミフレームや各種アクセサリーパーツの切断・加工・組み立て、ecoms棟では、アルミ製住宅や建築用構造材・家具、事務所棟にはショールームも併設されている。従業員数は28人。投資額は約20億円。 同社にとっては国内5カ所目のデリバリーサポート拠点で、関東エリアへの供給体制が強化された。