ソフトサーボシステムズ ソフトでロボットコントロール 10台と付加軸8軸同時制御

2016年5月11日

ソフトサーボシステムズ(東京都立川市、梁富好代表取締役社長)はEtherCAT対応産業用ロボットコントローラソフトウエア「RMX」を開発、提供を始めた。 「RMX」は、市販のWindowsパソコンにソフトウエア「RMX」をインストールするだけで、ロボット10台と付加軸8軸を同時制御でき、特別なハードが不要。EtherCATマスタ、リアルタイムOS(RTX)、通信・ロボット・付加軸制御の各種APIなどがすべてそろったインストーラとして、オールインワンパッケージとして提供される。 「RMX」をインストールしたパソコンをそのまま制御装置とし、すぐにロボットのリアルタイム制御を実現する。 「Webブラ…