エプソン 可搬重量20キロのスカラロボを国内で受注開始

エプソンは、組み立て・搬送作業の自動化に最適な産業用スカラロボット「LSシリーズ」の新商品『LS20』の受注を開始した。

3キロ可搬、6キロ可搬に加え、可搬重量を20キロに増加した『LS20』を追加し、搬送作業に適したロボットの選択肢が広がり、より高負荷の重量物の搬送や多数ワークの同時搬送が可能になる。

基本性能を重視したシンプル設計ながら、従来「LSシリーズ」の高速・高精度・省スペース・低振動を引き継いでいる。

2キロ可搬時で、アーム長800ミリモデルが0.42秒、アーム長1000ミリモデルが0.45秒と、高速なサイクルタイムにより高い生産性を実現。クリーン仕様(ISOクラス4)対応製品もあり、電子機器部品や自動車電装部品の搬送から、エンジン部品の組み立て搬送まで、幅広い用途に対応できる。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る