構造計画研究所 粒子法流体解析ソフトウエア「Particleworks」でものづくりを最適化

構造計画研究所は第1回名古屋設計・製造ソリューション展(DMS名古屋・小間19-24)に出展し、「シミュレーションに基づく設計」「ものづくり情報の一気通貫」「工場の見える化」の3テーマで展示を行う。

特に粒子法流体解析ソフトウエア「Particleworks」は自動車、輸送機器メーカー、洗浄装置メーカー、化学・材料メーカーなどで多数実績があり会場でも注目を集めそうだ。同製品を導入することで、機械設計エンジニアにとっては、試作回数や設計変更による手戻りが大幅に削減できるため、開発期間の短縮と開発コストの低減が実現できる。また、生産技術エンジニアも、設備導入後の最適運転条件の洗い出しや、設備トラブル時の解決策立案に活用することで、設備能力の最大化、ダウンタイムの短縮、トラブルの予防などで活用ができる。

具体的な適用例も多数あり、「車体の冠水・浸水シミュレーション」の例では、冠水道路走行時の車体への水圧や内部への浸水を把握することで、内部への浸水経路の発見に役立てられている。シミュレーションし、結果に基づき設計することで、今まで見えなかった部分を見える化し、設計を最適化できる。開発期間短縮と機能向上、品質向上を実現しながら、情報を一気通貫することで、上流から下流までを管理できるため、ものづくり力強化に威力を発揮する。

http://www.sbd.jp/product/particle/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG