フエニックス・コンタクト BT端子台シリーズ ねじ・スプリング兼用タイプ

フエニックス・コンタクトは、従来の丸形/Y形端子用端子台の使いやすさをさらに進化させ、新たな独自機能をプラスした「BT端子台シリーズ」を開発した。コストダウン、機能性アップ、プッシュイン式端子台への架け橋といったテーマで特徴を盛り込んでいる。

フィンガーセーフ構造は端子カバーを不要とし、カバーの費用、加工コストを削減。FBSブリッジバーシステムは、挿し込むだけで隣接端子台を導通させることができるため作業効率がアップする。端子台のスプリング構造によりねじの脱落を防止し、締め付け時の作業もしやすくなっている。ねじがオープンの状態でもUL600V規格に適合することは大きな特徴の一つ。ねじ式とプッシュイン式のハイブリッド端子台は、工場とフィールドでの接続方式の違いを解決するソリューションとして期待される。

内部配線はプッシュイン式で接続し、外部配線をねじ式とすることで今まで展開しづらかった市場や機器にも使用することが可能になる。これによってプッシュイン式の認知が広がり、盤製作のさらなる効率化が期待される。BTシリーズは、定格電流/電圧:17.5~32A/690V、適用電線0.14~4平方ミリ。

http://www.phoenixcontact.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG