フエニックス・コンタクト 電子式マルチサーキットブレーカCBM 8ch対応で横幅41ミリを実現

フエニックス・コンタクトの電子式マルチサーキットブレーカCBMは、8チャンネルに対応した製品ながら業界最小幅寸法41ミリを実現している。

欧州ではFA関連の制御・駆動用の電源をDC24Vに統一する動きが進んでいる。汎用性が高まるDC24V電源では、モータやバルブなどの動力系負荷とPLCなど制御機器が混在するため、これらを系統分けしてそれぞれ過負荷や短絡などの過電流保護を行うことが一般的となっている。熱動式・電磁式のサーキットブレーカは、電流に対する引き外し時間にばらつきがあり、希望する協調の実現は容易ではない。負荷短絡時には電源電圧が垂下するため制御機能維持のために短時間での遮断が求められる。複数の系統の保護をコンパクトに実現し、ばらつきのない時間での遮断が可能、電流定格の設定機能などのメリットでマルチチャンネルの電子式ブレーカが普及している。

CBMは電流が定格の80%を超えると、表示と接点出力する監視や遠隔リセットなど実用的な付加機能を装備。負荷短絡が生じた場合も、出力電流を定格の1.5~2倍に制限する電流制限機能により、短絡時も電源電圧の低下を防止して他の系統に影響を与えない、ユニークな電源ソリューションの構築が可能になる。

http://www.phoenixcontact.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG