アドバンテック モジュラー産業用PC「APAX-5000」シリーズ ITとOTを橋渡し

2016年2月10日

アドバンテックは、業界初のモジュラー産業用PC「APAX-5000シリーズ」を開発。産業オートメーション・アプリケーション向けはもちろん、工場のIoT化実現の強力な制御プラットフォームとして注目を浴びている。同シリーズは「Intel Core i7」搭載のCPUをラインアップ、制御盤内に取り付けが容易なDINレール取り付けが可能で、アナログモジュールやI/Oモジュール、PROFINETなどの産業用オープンネットワーク対応通信カプラや、RS-232/422/485対応モジュールなど多数のモジュールをCPUと組み合わせて、あたかもPLCのごとくシステム構成ができる。 ファンレスをはじめとし、堅牢/…