ニチフ 単一コネクタでオス・メス接続 工数削減に寄与

2016年2月10日

圧着端子・圧着スリーブで知られるニチフ(大阪市鶴見区鶴見1-3-58、TEL06-6911-1411、森良夫社長)の単一コネクタで、オス・メス接続が可能なコネクタが工数削減に寄与するとあって売り上げが伸びている。 シリーズ名は圧接形中継コネクタ「セミ・シェップ(SEMI SHEP)」。通常、コネクタはオス・メスそれぞれ形が異なるため、在庫を両方持つ必要があるが、同シリーズはコネクタを上下180度回転させるだけで、オスとメスの接続が可能で、在庫管理工数が削減できる。さらに、電線被覆むきが不要で、プライヤで簡単に接続できるため、配線にかかる時間も短縮。 製造現場では産業用ネットワークが普及し、制御…